長期ひきこもりからの就労チャレンジ~活動記録~

長期ひきこもりから就労できるのか?
チャレンジ中の方がいたら、情報共有してくれると嬉しいです。
(数年や短期ひきこもりでも就労に向けて動いている方がいたら)
書き込みよろしくお願いします :pray:

「いいね!」 7

とりあえず、自分の現状を簡単に説明すると、断続的に20年くらいの超長期ひきこもり経験。ここ1,2年ほどは、デイケアやスポーツサークルや遊びなどで、家族以外の人との交流があるので、ひきこもりから生活は抜け出している状態です。

現在40歳。職歴はほぼなし。アルバイトを昔ちょっとやったくらいと、単発でHP制作をしたくらいです。病気ありで精神障害2級手帳を最近取得。神経症や気分障害やメイン症状ですが、わりと最近は症状がやわらいでいます。

と、かなり厳しい状況ですが、ここから就労は可能なのか?
やってみたことなどをできるだけ記録していこうと思います。

「いいね!」 5

とりあえず、今日は先週なんとかアポをとった、指定相談支援事業所に訪問してきました。簡単な経歴を話して、就労移行を受けるにはどういった流れになるのか?説明を聞き、就労移行支援事業所、A、B型作業所。などを見学。
施設スタッフの方が親切丁寧に施設を紹介してくれて良かったです。

就労移行支援を受けようと思っての訪問だったけど、どこにするか?はもう一箇所見学してから決めようと思います。
(他の所への見学予約も代わりに連絡とってもらったり、車を出してくれることになり、かなり助かるぅー)。と思ったけど、車内という密室空間に居ないといけないブルース。

「いいね!」 6

今日は午前中、就労移行支援事業所の2つ目に見学に行ってきました(相談支援のスタッフ二人に付き添ってもらって)。心配してた車内も自分がやってるマイナースポーツについて、いろいろ質問してくれて助かった。

就労移行支援は最初に行った所に8,9割決めてたけど(近いし雰囲気も良かったので)、実際見学したら、今回行ったところのほうが良いのでは?と思った。今月末に合同面接会(障害者雇用の求人を出してる企業が集まる)に行ってみようかと思ってるのだけど、精神障害NGの会社とか、参加はするけど実際は雇ってくれない会社wとか、求人出してる会社の実際をいろいろ教えてくれたりして、就労にはかなり心強そうな印象だったので。環境もパソコンが一席に一台ちゃんと用意されていたのもポイント高し。問題は昼ごはんを自前で用意しないといけない所と、ちょっと家から遠い所(自転車で30分くらい)。

とりあえず見学だけでもかなり考えが変わったけど、実際体験もしてみないと通所の負担とか過ごしやすさもわからないので、とりあえず今度、数日ほど体験通所してみてから決めようかと思います。

「いいね!」 7

今日はハローワークにサポステの人と約束して行ってきました。

今月末の合同面接会(そこで仕事が決まるというよりはプレ面接的なイベントらしい)に申し込む予定だったけど、すでに定員いっぱいでキャンセル待ちも25名いたから止めました(笑)みんな頑張ってるぅー。年一回だけのイベントらしいので、需要はかなりあるみたいですね。コロナ禍で人数制限してるのもあるだろうけど、そうじゃないときも人だかりができていたとか何とか。

今日は合同面接会用に用意した簡単な履歴書みたいな面接カードを準備していったので、それを読んでもらってアドヴァイスをもらったりしました(あと前回、主治医の意見書を求められたので書いてもらって提出)。面接カードは自己PRをもっとしたほうがいいということで、趣味の運動やピアノのことを話したら、一人でストレス発散できる趣味は良いとか。仕事のストレスを一人で発散する方法があるということは、企業にとってもプラス評価らしいです。自己PRにはホント困ってなかなか書けないけど、趣味から仕事にもプラスにつなげて書くのでもいいのだなと。

求人も少し見てみたけど、あまり惹かれる仕事は正直ないですね。図書館の求人!とかあっても車で1時間とか遠かったり。あとはほとんどお金のためにやるかー的な感じでした。まぁそれでもいいんだけど。ただそれだと個人的に一日四時間くらいの週5くらいが限界だなと。障害者雇用の場合週20時間、月80時間の労働時間以上という決まりがあるそうなので、その最低限の時間でお願いしたい。

来週から就労移行支援の体験(一個目)に行ってくるので余裕があったら、またおって報告します(匿名リサーチ2021X)。

「いいね!」 8

就労移行支援の体験レポート、前回から大分、間が空いてしまったけど、2つの場所をどちらも3日ほど体験させてもらって、自分に合うと思ったほうに行き始めて一ヶ月半が経ちました。僕が体験したところは、一つは作業中心なところと、もうひとつは座学中心って感じでした。

週2から始めて、今は週3のペースで何とか無事通えています。1つ目にしてたらもしかしたらきつくて辞めていたかもしれないので、就労移行支援を受けてみたいと思ったら、2つくらいは検討してみてもいいかもしれません。

今は、座学中心の各種講座(社会人マナー、対人スキル、自己理解などなど)を受けたり、自学でワードやエクセルを学んだり、求人みたりオンライン説明会などに参加しています。

そんな中さっそく在宅のワークで良さげな求人があったので、オンライン説明会を聞いた上でエントリーしようと思いましたが、スタッフさんに相談したらまだ週5一日6時間は大変なんじゃないか?支援する側としても、半年は週5に近く通える実績があると推薦しやすくなると言われ…まさか反対されるとは思っていなかったので少しショックでしたが、まぁ言われてみればそんなに急ぐ必要もないし、労働時間は自分でもちょっと不安材料だったので、いったん保留にしてちょっとずつ就労移行支援所に通所するのを増やしつつ、ゆっくり準備しようと思っているところです。

「いいね!」 5

引きこもり&メンタル持ちの私の場合、仕事を探しにハローワークの障碍者窓口に行くと、いきなり就労は難しいからと、障碍者就労支援事業所の方を紹介されました。

その方にはいわゆる作業所を紹介されました。されましたが、支援事業者の方とはそれっきりで連絡も来なくなりました。

私が最初に行った作業所はB型というらしく、年齢層も幅広い方々が通所していました。通所していると嫌なこともあったりストレスも溜まって、行かなくなりました。人間関係って難しいですね。いい人もいましたけれど。

さて、振出しに戻りました。作業所には別にもう一件行きましたが、途中で訳あって、急にやめることになりました。さあ、どうすればよいのでしょうか。作業所にもろくに通えない人間は仕事なんかできないんでしょうか?社会に出るべきではなく引きこもってるべきなのでしょうか?

「いいね!」 2

B型は時給100円とかですよね。
お金にならない仕事に通えないのと、仕事に通えないのとは、まったくの別問題という気がします。
私は、障碍はとりあえずないことになっているので、障碍者の雇用についてはよくわかりませんが、こういったサービスを利用する方が、ハロワよりはマシな気がします。

お役所仕事(ハロワ)って、一番、お粗末な印象です。
いろんな仕事に就いたけど、ハロワ経由で就業したことないです。
派遣登録、求人情報誌、折込チラシ、ガテン系、などなどの方が就業しやすいんじゃないかな。

「いいね!」 2

就労移行支援事業所に通って大体、半年が経ちました。
負担のないよう週2回から通って4月からは週5でなんとか通えるようになりました。

今日はModisという会社のオンライン企業説明会に参加してきました。
IT系の人材派遣をしている企業で、特例子会社の障がい者雇用で雇われたあとも、気軽にキャリアアップの道が開かれている感じだったので、なかなか良さげでした。

実際エントリーしようか悩みどころですが、まだ週5で通い始めたばかりのなので、焦らずゆっくりやっていこうかと思います。

「いいね!」 2

だいぶ前の書き込みに、今頃レスです。

図書館は、司書の資格がないと、かなり厳しいです。
夜遅いシフトは無資格OKとか書いてあるところもありましたが。

司書、学芸員(これは美術館などで働く際に有利)とか、薬剤師の資格があると、ドラッグストアでバイトって時に有利ですよね。

世の中、資格・スキル無し、キャリア無しには厳しいです(ノ∀;`)

「いいね!」 1