独り言置き場(Re)

ririadさんお優しい;; ゲームと良い付き合い方をされてますね

1日経って少しだけ冷静になったので書けますが、ポジティブに捉えようと思ってます。何でもいいから新し習慣や趣味を始めるのゲーム離れ:slightly_smiling_face:

「いいね!」 3

たぶんね、ネガティブな人(僕そうだけど)とかは

それの感性で、自分の記録とか残して旅立ってったら(?)前に進めるかもしんない。僕とかは、自閉もあるけど、自分のやったことをチェックする幅が狭いというか、すぐにチェックしちゃって、自分の残した記録の点検をすぐにして自分の記録さえ消してしまって後に何も残らないことがあるから、管理とか散らかってもいいから 一番大事な経験だけ ぶんどってく っていう(スタンスな)のが気持ちにやさしいかも。『後ろ振り返らずの精神』?って簡単には言われてるかもしれないけれど。
記録残しはモチベーションにいいから、何も触れてはいないのだけど、たぶん自己点検をしやすい人で、とらえると自己管理が徹底的で自分で褒めていいところなんだと思う。だからなんの問題もないよ:+1::sparkles:

「いいね!」 4

いつでも戻ってきて下さい

「いいね!」 2

ゲーム辞めたので出没率が上がってしまいました
厳密に言うと雀魂だけは少しやってます。結局PS5は初期化したけど売ってはいません。モンハンだとか気になるゲームを一緒にやろう!って声掛けてくれる方がいたらワンチャン起動するかもしれない

「いいね!」 2


何かまたコウモリおる…侵入経路が謎

「いいね!」 6

唯一やってた麻雀も辞めたけどゲーム実況だけは少し観ちゃう。これも辞めたい

「いいね!」 4

コウモリは2日後に父の手によって無事外に逃がされました。動画で見る分には可愛いが実際掴む度胸は無いです(ヾノ・ω・`)ムリムリ

「いいね!」 5

勉強しとけば良かったなってつくづく思う

「いいね!」 2

なごり雪と言うにはあまりにも勢いが強すぎで
これでは殴り雪ですなあ

座布団くれよぉ

「いいね!」 5

10時半に寝たいのにスマホ弄りが我慢出来ない:expressionless:
はぁ寝ます。おやすみなさい(:3[____]

「いいね!」 3

年寄りじゃないのに寝てる時トイレで二回くらい起きちゃう自分が憎くて仕方ないです

「いいね!」 5

こういう、引きこもりの居場所的な、避難所的な場所でも人と上手くやれないの、困ってしまうな。
自分も含め、ここにいる人達はある意味くせ者揃いだから、上手くやれなくても当たり前っちゃ当たり前って考え方もあるけど(どストレートに表現してごめん)

「いいね!」 7

ここに来る人は誰しもそんな面を持ってますよ。
それを隠さずに言っても辛いんだな、とか自分に置き換えて話してくれますし。
たまにズバっと来たほうが、だよね~と思いますし。

「いいね!」 4

っ’-')╮ =͟͟͞͞:poop:
160 km/hでビッシビシIKUZE

「いいね!」 1

考えても答えは出ないので寝る
4月は頑張る。人生の岐路に立ってるかもしれない

「いいね!」 3

おいおい我らが阪神タイガース幸先わりーな・・

とりあえずやっとこさ勝ちました
ゴーゴー :tiger:

「いいね!」 1

阪神タイガースというと真っ先に思い浮かぶのがこれです…

落ち込んだときとか聴くとなんかわからんけどちょっとだけ謎の元気をもらえるかもしれない歌唱

「いいね!」 2

宗教家、政治家、公務員嫌い人種三種。

上手くやれないと思う気持ちは、理想と現実のギャップに不満があるから。
ありきたりですが僕はこの解釈に落ち着いています。

不満はただ思っているだけでは消えていかないことを僕は経験したため、
自分の感覚や感情に厳密に理解していこうと思いました。

人間が思うことは、どんなに重箱の隅をつつくような細かい心理描写であったとしても、
過去の人たちは、容赦ないほどの理性を用いて言葉で考え書籍にして残してくれていました。
不満を少しでも解消したい、納得したいと真剣に感じられるようになると、それらを手に取って紐解き1日1行でも読み、考察しない日は罪悪感すら感じるようになりました。

僕は読解力は大してありませんが、これが現実であると妥協できる解釈は確かにありました。
特に重要な気付きとなったのは、自分が感じる感覚や感情は特別であるという感じ方が既に普遍的な感覚や感情に過ぎず、
実の所、同じ人間として身体の構造をほとんど共通している以上、感覚や感情は大同小異近似していることを了解できたことかなと。

他者と同じ言葉の世界観に入らなければ、自分は孤独なままなので、不満は募る一方なのは代わりないと思いました。
確かなのは僕は無人島で自給自足の生活を送っているわけでもなく、豊かな社会資源を享受している事実があるため、
他者と同じ世界観に入らないのならば、享受しているこれらを手放さない限り、不満を述べるのは的外れであると、自分にしつけを与えれるようになりました。

「いいね!」 2