私のひきこもり履歴書

いえいえ、とんでもないです。このトピックでは仕事の面接では使えない履歴書こそ価値のあるものだからです。

というわけで、まだまだ、ひきこもり履歴書募集中ですー。

~☆★自分のひきこもり年表★☆~

1989年
この世に生まれる

2歳
意識有る頃から既に純粋にゲーム好きだった2,3歳児

幼稚園時代
最初は幼稚園に行くのが嫌だった
行き始めたら一部からいじめられた
服が汚れるからという理由で砂場で遊ばさせてもらえず
代わりに自分で遊びを作る幼稚園児だった
女の子と一緒に遊んだりもすることも多かった
卒園する頃にはいじめてた連中とは仲良く友達になれた。

小学校時代
1日1時間とゲームが制限されており
毎日きっちり宿題を終えてから1時間遊ぶ子供だった。
学校ではサッカーしたりもしたが あまり上手くなく
途中からは漫画描いて過ごす日々であった

中学校時代
卓球部に所属し 卓球に明け暮れる日々
中2の頃に塾に行かされたり
危機感から勉強しまくって成績を5教科総合150点ほど上げる
揺るぎない自信が身につくと同時に
人間賢くなっても 成績をどれだけ上げようと変われない事に気づき 徐々にメンタルが病んでいく
次第に勉強しなくなり 中3秋から不登校 無理やり起こされたり行かされたりするためプチ家出もした。

今までの自分は奴隷で有ることに気づきつつネトゲーにハマる
このゲームの世界に強いあこがれを抱き
将来ネトゲーを作ろうと志す

先生から卒業式に来ないかと言われたが拒否した
おれに卒業式来る資格は無いと思うし興味も無かったので行かなかった。

高校時代
志望校に滑り 一人寂しく通信制高校に通うようになってからは
学ぶ意欲がどん底まで低下していた。逆に意欲が上がったのがゲーム
一日13時間ゲームに費やしそれで年単位で継続する
高校時代一日13時間もゲーム出来る人間はそうそういない
おれはいずれ見返してやるために必死にゲームを研究したり ただゲームに生きていいた
秋になってからまた不登校になる バイトも辞める
親の命令でまだ生きている気がして不登校になり抵抗した

一年の休養を取ろうと思った 高校は中退した

16歳 休養と同時にただひたすら深夜アニメ・ネットゲームやフリゲにのめりこむ
今思えば一番解放されていて幸せだった諦めたあとのなんとも清々しい気持ちはこの世のものとは思えない幸福感に包まれていた
だが将来に対する絶望も感じていた

17歳 ニコ動を見始める バイトも始める 次の一年からの社会復帰を望みギャンブルとしてゲームのプログラミング専門学校へ行く準備を進めた
18歳 ゲームの専門学校で1年間プログラミングについて勉強する 正直 だんだんと病み始めてしまい
ゲーム制作以外の事を考えられないほどゲーム制作にのめり込む そのうち浮世離れした感覚に襲われ
19歳 黒い影が見えるようになる 思考やメンタルが明らかに病む だが同時に思考が冴える 想像や妄想が冴える この頃の経験からおれは明らかにこの世界で生きていける自信が身についたほど 脳が冴えていた

20歳 成人式前に小中の頃の友人が死んだ 不登校仲間だったのに 成人式で過去の友達に会う 嫌なやつもいた
彦根市出身なのでゆるきゃらのひこにゃんに歓迎されて 無事大人になる あの頃からずっと変わらないのに

21歳 ゲームで遊ぶことから離れて ゲーム制作中心の生活
メンタルが本格的に病んで重症化する

22歳 精神病院に入退院する

23歳 その後病院でついた食生活により体重がめっちゃ増える

24歳 Skypeを初めて友人も出来るようになる ネットで本格的に人との関わりを持ち始める

25歳 精神病院に再度入退院する

26歳 生まれて始めて自作ゲームをネットで公開する 次のゲーム制作で使っていた自分のPCが故障する ゲーム制作断念

27歳 Switchでゲームしまくる

28歳 Switchのゲームで仲良くなった友人とPCゲームなどでも遊ぶ 無駄な事は忘れて遊んでばかりの1年

29歳 そして今

今現在は再びゲーム制作に取り掛かろうとしています
やはり目標はネットゲーム制作 夢は自宅サーバーで 独自のオンラインゲームを運営していくということ!

4 Likes

書き込みありがとうございます!

ゲームへの目覚めが早い!調べたらファミコンが発売したのが、83年7月だったので、自分も2,3歳ごろにはすでに存在していたとはいえ、触れたのは5,6歳だったと思う。

しかし親の勉強に対する圧力が大分強かったんですね。。親は良い学校良い会社良い人生だと思い込んでのことだろうけど、強制されてやる勉強ほど嫌なものはないですね。

ネットゲームは、僕はゲームでも気を使うのは疲れるし、人が怖い!ってことで、ハマらなかったけど、今年「マルチプレイ恐怖症」が話題になってたので、結構自分みたいな人も多いのだなと。。
そういう人達にも届くネットゲームがあればいいなと思います。

2 Likes

ほう・・・マルチプレイ恐怖症ねぇ
そういえば友人もマルチプレイに対する恐怖があるみたいで色々言ってましたw

確かにそういう人たちに届くゲームか
作りてぇぜ(難しい)

2 Likes

なんてすばらしい夢だろう
応援しています

2 Likes

ありがとうございます!!

がんばりますぜ!