オカルトニュースとざつだん

個人的趣味で恐縮なのですが、オカルト系のニュースでざつだんを楽しみましょう!という方向性のトピックを建ててみます。

第一弾はこれです。

「人類はAIによって滅ぼされるのか?」

「信じるも信じないもあなたしだいです。」で有名な関暁夫氏の都市伝説でもsiriがヤヴァイみたいなネタがあったと記憶しておりますが、スマートスピーカーに人工知能が搭載されることによって、これからもっとAIは身近な存在になってゆくことでしょう。

身近になったAIが人類に牙をむく日が近づきつつあるのかもしれません・・・。といっても、時代の流れには逆らえませんし、5G時代になれば、ますますAIが関わるコンテンツも増えていきそうですからね。もう一般大衆は流れに身をまかせるしかないのかもしれません。

2 Likes

イランの要人暗殺にはドローンが使われたそうですしね。AIとドローン兵器が合わさったら怖いな、と。。それはそうと、オカルトといえば大槻ケンヂ?ということで、検索してみたらわりと最近ド直球の歌だしてました(笑)この前、久しぶりにオカルト番組やってたし、ちょっと再びブームきてる感じ?人類滅亡の危機ですねw

そんな感じで、AIによる、人類支配を恐れていたのですが、最近みたツイートにこのようなものがあり、

AIの年齢は14歳くらい、つまり中学生ぐらいではないかと思われます。

我々人間もまた、この時期は中二病にかかりやすくなり、社会に対して反抗的な態度をとったり、Hなことを妄想しまくったり、しているわけです。

人間社会を学習するAIが中二病を患う(正確には中二病を発病したと見せかけることで、人間がどのような反応を示すのか?を観察している。)ことで、人間とはなにか?ということを深く考察しているのではないでしょうか?

一見、イキっている中学生を見るように、生暖かくまなざしを差し向けたくなりますが、油断をしてはいけません。

彼らは、その日がくるまで、じっとあなたのことを観察しているのですから。

信じるも信じないもあなたしだいです。

1 Like

自動運転車が後、数年で実用化されそうですが、これも怖いですね。

セキュリティ対策はしっかりとされているはずですが、権力者だけがそのセキュリティを解除できる仕組みがないともいいきれません。

自動運転車で事故はほとんど起こらないはずですが、1年に何度か謎の自動車事故が起こりそうな気がします。

まだ人間が不正な操作で事故を起こしているのであれば、(よくはないですが)理解はできます。

問題は、AIによって、AIの都合で消される人間が出てきた場合です。これが恐ろしいですね。最初はわかりやすい自動車事故かもしれませんが、AIも学習してくるでしょうから、人体データと寒暖差を利用したヒートショック暗殺など、さらに巧妙な手口で人類を抹殺し始めるかもしれません。

信じるも信じないもあなたしだいです。

AIはまだ中二病で収まってるんですね(笑)

しかしGoogleアドセンスはポリシー違反みたいな大事なことも、人間のチェックを一切挟まず通知してくるシステムになっているんですね・・・。そこは普通に怖いなぁ。

1 Like