ひきこもり生活から脱出するための情報交換場。

以前にこのサイトのこの記事を読んだら、目が覚める思いがしてすごく楽になっていく気持ちを味わった。それは今も続いてるんだけど、ほかの方が読んだらどう思うのかをきいてみたいなぁ。

ttps://prado-therapy.com/%e8%87%aa%e5%b7%b1%e4%b8%ad%e3%81%a8%e8%87%aa%e5%b0%8a%e6%84%9f%e6%83%85/

ちなみにこのページの中の
「自尊感情が豊かな人とは、欠乏欲求を自分で満たす習慣が身についている人」
って項目に特に目からウロコでした。

この方のブログおもしろウィッシュ
ttps://ameblo.jp/takashisugita/

元引きこもりです。
働いて気が付いたことは、
社会人では、挨拶するのがマナーとなっていますが、
挨拶しても、返事が返ってこない、おとなしいおばさんの人も何人もいました。
挨拶は恥ずかしいと思っていたとしても、
一般人は、「無視&傲慢&失礼な態度&嫌われている」と勘違いしています。
他人が話しかけて無言の人もいましたが、無視されて態度が悪いと思われ人間関係よくはありませんでした。
「はい」「そうなんですか~」「わかりました」又は、
うなずきでもいいので、何かリアクショウンを返す事は大切だと思いました。
みなさん気おつけてください。

4 Likes

コミュ障でもみんな頑張って働いているんですね。
とはいえ、挨拶くらいは返せたほうが大分生きやすいでしょうね。

しかし、たまに外にでると挨拶くらいできたとしても、他の言葉のリアクションはとっさに反応できないときが多く、結果的にノーリアクションになってしまうことがあって、帰ってきてからの一人反省会で「あ”あ”ぁぁ。あの時!」となります。

2 Likes

引きこもり生活から脱しようとは思わないですが

引きこもり生活を維持出来るように収入源を得ようとは考えてはいますね・・・・

おれもこのサイトのようなデザインでBBSみたいな情報を共有させるそういう機能を持たせた

ネトゲーを作ることが出来たらワンちゃんあるのかなって思っています

3 Likes

自分も、口下手なので、上手い言葉が表現できず「あれ、あれ!」「え~と」の連呼で何言っているかわからなかったり勘違いされたこともあります。
知的な世間話ができないので、会話に参加しても会話がつまらないせいかスルーされた事もあったり、自分を嫌う人もいますが、今のところ、いじめられたりはせずなんとかやっていますが、
人間関係は難しく、いつか、いじめられるもしれないと思い不安になります。

2 Likes

長年いじめを隠蔽してきた学校に対して判決が下りました。
これを機に、いじめが原因で社会生活が困難になっている人への理解を深めて欲しいです。

1 Like

訪問看護の方に来てもらっています。優しい言葉をかけていただきこの間泣いてしまいました。救われています

カウンセリングにも通っております。カウンセリングでは行動認知療法や箱庭療法に取り組んでおります。
あう先生にあたればとても効果的です。
自分を苦しめている「信念」(自分には価値がないなど)をみつけそれに対しアプローチをかけます
カウンセリングの先生とお話しするのが楽しみで外へでるきっかけとなりました。
また現在は「当事者研究」に興味をもち本などを読んでいます。
当事者研究とは生きづらさを抱えた当事者が生きづらさと共に生きられるよう当事者同士で研究する自助活動です

私は精神科がだす薬が好きではないので
上記のような薬物を使わない治療に力を入れています。
まだ働くことは出来ていませんが
ピーク時よりは心穏やかに過ごせる日が増えてきました。
安心して絶望できるようになれればよいなと思っています。

1 Like

@KN さん
そもそも学校内で行われたら犯罪じゃなく「いじめ」というのもおかしいですからね。。ちゃんと罪として裁かれて、理解が深まっていくといいですね。

@ginjirou さん
訪問看護受けられてるんですね。毎回同じ方がくるのかな?優しい方のようでいいですね。僕が通院している病院でも訪問看護やっているようだけど、家にこられるのはまだちょっと抵抗があって、受けてはいないのだけれども。

カウンセリングは自分も受けてます。話すことで思わぬ「信念」に気づいたり、客観視できるので良いですよね。ただ僕は通院時の月1回ほどなので、旨いビールの話しをして終わることも多いですけど(笑)
「当事者研究」というのは、北海道浦河の「べてるの家」発祥なのかな?前に関連本読んだとき見た覚えがあります。病名では割り切りれない部分が多々ありますからねぇ。自分の症状や病名を自分で決めるというのは、大事なのかも。

「安心して絶望できる」というのは印象的な言葉ですね。どういう境地なのだろう。

2 Likes

親に毎日「働け、働けないなら結婚しろ、寄生虫」みたいな感じで罵倒されるので、脱出したいです。

軽いうつ状態とセルフネグレクト的なものがあり、汚い話ですが絶対に外に出なければならない時以外はお風呂に入れず…

引きこもりの間、民間の資格や免許を取ったりはしたんですがやはり人間が怖いです

独り言みたいになってしまった…

2 Likes

うーん、親に毎日そんなこと言われたら病みますね。。何か言い返せてはいますか?

取得した資格をなんとか活かせるといいですね。。
世間は冷たいかもしれないけど、人は優しい!

そんな優しい人たちが集まって、なぜクソな社会ができる?のは、謎ですが。。(笑)

訪問看護はいつも同じ方にきて頂いていますよ

うまく言えないんですけど、苦労や困難なこと(絶望していること)を無くそうとするのではなくてそういった気持ちとも共に生きていけるようになればいいなといった感じです^^

1 Like

同性だけのひきこもり自助会に参加してみた。いろいろ話しかけてもらえて安心しました少人数なのも良かった

1 Like

訪問看護はいつも同じ方なんですね。ならちょっと頼みやすいですね。
教えてくれてありがとうございます。

安心して絶望。なるほどです。ひきこもりや、病気とかも完全に克服する!治す!って方向ばかりになりがちだけど、諦めてうまくつきあって生きようと思ったほうが、逆に生きやすくもなりそうですね。

思えば、ひきこもりや病気にならなかったら、もっと早く死んでいたかもしれないのだし、あまり敵視ばかりするのも酷なのかもしれない。

1 Like

今日より植松被告の死刑が確定されました。
彼に限らず、表に出さないだけで似たような考えの人たちは沢山います。その人たちから多大な被害を被るのは何も罪もない立場の弱い人たちです。
津久井やまゆり園で起きた惨状は忘れません。そして、どうか第二の植松聖が現れませんように。

                       長文失礼しました。
2 Likes

”安心して絶望できる”って、「安心して絶望できる人生」って本を思い出しました。読んだことがあります。安心してアル中でDVしてもいいよ、安心して子供を置いて行ってパチンコに出かけてもいいよ、ただしSOSを出せるところをきちんと確保しておきましょう、みたいなことを書いてあってちょっと目からうろこでした。(読んだのはだいぶ前なのでちょっとちがったらすみません)

今、これを書いていて、まずは不安にならずに今を受け止めることが大事なのかなと思いました。まぁ、難しいんですけどね、冷静になるって・・・。

1 Like

見つけたので張っておきます。コロナとひきこもりです。既存でしたらすみません。報告があれば消しますので。

私も月を投稿してみようかな。夜の月は写すの苦手だけど、練習したい。
(あちこち投稿してすみません。)

情報ありがとうございます。

元からひきこもり生活でも、ひきこもりから抜け出そうと頑張って外出していたのは中止になるし、普段家にいない家族が居ることでストレス増えるというのは、確かにと思いました。

月のプロジェクト良いですね。次の満月は6月6日かな?僕もスマホカメラ+双眼鏡での月の撮影やってみようかな。コロナは光環ということで、月の光冠も見てみたいですね。

1 Like

テレメンタリー「焦燥の居場所~ひきこもり100万人時代」

1 Like