週1日1.4m四方から始める協生農法実践記

自然農法や協生農法が、個人の健全な生活から世界全体の幸福まで深く関係している!ということで、農業ド素人でも、やれるところからやってみようじゃないか精神のトピックです。失敗は成功の母。

人類は生きるための食物を作るために、生態系を破壊することも創造する手伝いもできる存在です。それならばできれば生態系を創造する手助けをして生きていきたい。そう思う人たちが学び実践し、いろんな生き物を増やす手伝いをしながら、生きていくトピックです。

まだまだ勉強実践不足なので、いろんな方が実践し、知恵を貸してもらえると助かります。
よろしくお願いします。

「いいね!」 5

と、真面目にトピック立ててみたけど、冬にはコタツで美味しいみかんがタダで食べたい!というわけで、初めての協生農法の学習キットの中心の果樹は温州みかんに決めました。おそらく成長しても背丈ほどの低木で管理もしやすいよね?って調べてみたら温州みかんは3mか4mまで育つんかーい。しかし雪降る東北の地でみかんって無事育つのか??ハウスなんてないけど。

とりあえず今日はホームセンター(コメリデビュー)にいき、みかんの苗木といろんな苗、そして種をカゴいっぱいに大人買いし植生してきました。

1.4m四方くらいの雑草さえ生えてない空間(なぜ?)に穴を掘って土を真ん中に集め(25Lの土も一応買ってみました)、苗木を植え固定し水やり、周りに大豆やらいろんな種を蒔き水やり、生えてすぎていた菊芋の命を頂戴し、草マルチして水やり、全ての工程完了まで3時間くらいかかりました。水道までの距離が50mぐらい?離れているからなかなか重作業。

それに蚊には顔を刺されるし、暑い中の農作業はなかなかにハードでしたが、水分補給や栄養を補給しつつ集中して作業していると時間的にはあっという間に経ちました。余力でスイカも植えてみました。

しかし1学習単位予算1万円くらいかかるかな?と思ったけど5千~6千円で済んだ。10倍まで拡張するとだいたい5万円。100倍拡張で50万円というだいたいの予算もつけられました。しかし一週間は完全ケアレスなので、みかんたちよどうか何とか一週間生き延びてくれっ。


枯れているもののせいで日が当たらないせいか?周りは雑草ボーボーなのにここだけ禿げている空間。あえて植生はここに決めたっ。


苗はみかんの木を中心に適当に選んだ、大豆やらミニトマトやら、なすの苗を周りに植え、ハーブをみかんの根本に添えてみた。ハーブはそっと添えるだけ(こんな適当で大丈夫か)。食べられない花の苗も3つだけ買ったよ。多様性と美のために。最後に周りにだだちゃ豆やオクラなどの種を植えたり、小松菜やレタスなどの一年草を適当にばら撒いて踏んだ。


土が丸裸であっという間に暑くなりなりそうだったので、周りにたくさん生えてた菊芋のお命を分けてもらい、草マルチしてその上から試しに水やりもたっぷりしておきました。

はてさて1週間後どうなる!?(草マルチは枯れてるだろうけど、植生した植物は元気でいてくれるだろうか)

「いいね!」 7