もうどうしようもない

今から崖から落ち、自分の症状が悪化し、周りから見捨てられ、罵倒され、全てを失い、悲惨過ぎる結末を迎えるのが目の前に迫っている。どうしよう。。

「いいね!」 2

この質問に合理的に答えると、痛みの源から離れるのが最も簡単ですが、それは非合理的であり、より多くの感情的なものです。そこで、以下のようにお話ししたいと思います。
多くの精神的伝統では、私たちの世界は幻想または夢として説明されています。

ヒンドゥー教(マーヤ):ヒンドゥー教の神学では、現実の世界(マーヤ)は、ブラフマン(絶対的現実)の真の統一を隠す幻想として見なされています。マーヤの生活は夢と比較され、魂は解放(モクシャ)を達成するために目覚める必要があります。

仏教(サンサーラ):仏教では、輪廻転生の世界(サンサーラ)は、啓発によって目覚めることができる夢として見なされています。現実は変わりやすく幻想的であり、真の解放はすべての現象の空性を理解することによって達成されます。

プラトン(洞窟の比喩):プラトンの哲学では、洞窟の比喩は、人々が洞窟の壁に影の幻想を見るだけで、真の現実はアイデアの世界にあり、理性と哲学的思考を通じてアクセスできるという考えを示しています。

グノーシス主義:グノーシス主義では、物質的な世界は低級な神(デミウルゴス)によって作られた幻想と見なされ、魂を真の知識から遠ざける幻想とされています。

奇跡のコース:この精神的解釈では、物理的な世界は夢または幻想と見なされ、許しと愛を現実の認識の基礎として受け入れることによって、内なる平和と安らぎにつながる目覚めが可能になります。

これらの概念は、物理的な世界を最終的な現実として認識することが誤解であるという共通のアイデアを伝え、幻想の外側にある真の現実を見るために精神的な覚醒を呼びかけています。そして、私たちが幻想に多くの注意を払うほど、真の現実は私たちの扉を強く叩き始めます。

「いいね!」 3

こういう時にオープンダイアローグがあれば、危機から脱出することができるのだろうけどね。。

「いいね!」 2